白菜キムチ


白菜キムチ <作り方>
  1. 白菜は、根元の部分から中ほどまで縦に包丁を入れ、手で二つに割く。半分に割った白菜も同様に割き4等分にする。天日で2〜3時間干してから、葉の1枚1枚にまんべんなく塩を振る。ボウルに入れ、おもしをし、途中で上下を返して一晩おく。
  2. いかの塩辛は細かく刻み、りんご、にんにくはすりおろす。
  3. 長ねぎは縦半分に切ってから斜め薄切り、にらは5センチの長さに切る。
  4. ボウルに(2)(3)を移してキムチの素を加え、よく混ぜ合わせたら、味をみながら粉唐辛子を加えて混ぜ合わせる。
  5. (1)の白菜は水ですすいで余分な塩分を流し、軽くしぼる。葉1枚1枚に(4)をていねいに塗りつける。まんべんなくぬれたら、丸めてタッパーなどの容器に隙間なく詰め、密封する。
  6. 半日ほど常温においてから冷蔵庫に入れる。
<材料>

白菜        1株
塩    白菜の重量の5%
いかの塩辛     40g
りんご       1/2個
にんにく      1〜2片
長ねぎ       1/2本
にら        1/2把
市販のキムチの素  350〜400g
韓国産粉唐辛子   大4
<MEMO>
NHK「きょうの料理」で見た本格的なキムチの作り方を、簡単に手に入るものでアレンジ。表記の分量は辛めなのでお好みで調整してください。すぐに食べてもおいしいけれど、ほどよく漬かるのは4〜5日後ぐらいから。
MENUへ ほーむへ


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO